読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうせい鍼灸整骨院ブログ   ~産前産後ママ・こども達のための治療院~

こうせい鍼灸整骨院の想いや日常、自宅でできるトレーニングなどを書いています

妊娠線の予防について

こんにちは。

 

堺市の産前産後ママの救世主、こうせい鍼灸整骨院の藤原です。

 

今回はママにとって絶対に予防したい妊娠線について書いていきますね。

 

そもそも妊娠線ってなに?

妊娠線とはお腹周りやお尻、バストなどにできる真皮の断裂痕のことです。

妊娠すると5~7か月頃に急激にお腹が大きくなります。

すると皮膚の下にある真皮という組織がその伸びについていけずに断裂してしまいます。その断裂部分が妊娠線として現れてしまうのです。

実は妊婦さんの90%が抱える悩みになっているんですね。

 

妊娠線の原因は?

上記で書いたように皮膚の急激な伸びが原因としてありますが、その他にも「コルチコステロイド」というホルモンが増加することも原因の一つです。コルチコステロイドは肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を抑える働きがあり、その結果肌の弾力がなくなったり、乾燥肌になったりします。

その状況で皮膚が急激に伸ばされるので、妊娠線が起きやすくなってしまうわけですね。

 

予防法は?

①全身保湿ケア

妊娠線はお腹以外にもバストや二の腕、お尻などにできるのでカサツキが気になる部分には定期的に妊娠線予防クリームを塗ってとにかく潤いを保つことが重要です。

 

保湿ケアは毎日こまめに続けることが大事なので、いつでも塗れるように余分に用意しておきましょう。

 

②急激な体重増加を防ぐ

急激に体重が増加してしまうと、その分お腹も大きくなります。しかし、真皮や皮下脂肪はお腹の急激な伸びについていけず、皮膚の弾性繊維が変わり、妊娠線ができやすくなってしまいます。体重は緩やかなカーブを描くように増加するのが理想です。

 

③下着やガードルなどで補強する

大きくなるお腹を支えてくれると同時に、お腹の皮膚が急激に伸びるのを防いでくれるので妊娠線予防につながります。冬場だと冷え対策にもなるのでおススメです。

いろんなタイプがあるのですが大きく分けて2種類をご紹介しておきますね。

 

・腹帯タイプ

個人差のあるお腹にフィットし、優しくサポートしてくれます。保湿力が高く、ソフトな付け心地が特徴です。

・ガードルタイプ

サポート力がお出かけの時もしっかりお腹の重みを支えてくれるのが特徴です。

 

対策はいつから?

妊娠、特に妊娠初期ではホルモンのバランスが乱れて、皮膚が乾燥しやすくなります。それが妊娠線の原因になるので、妊娠初期から保湿はしっかりしていきましょう。

5か月目を超えるとさらにこまめに保湿クリームを塗りなおしてとにかく乾燥を防ぐようにしましょう。

 

いかがでしたか?妊娠は素晴らしいことですが、大事なお肌に跡が残ってしまうと嫌ですよね?

正しい知識でしっかりと妊娠線を予防し、素敵なマタニティライフ、産後ライフを過ごしましょう!

 

f:id:kouseistaffblog:20170411182120p:plain

当院のスマホ専用サイトはこちら↓

http://sp.raqmo.com/kousei-shinkyuu/

 

忙しいママのためにLINE@友達登録で24時間予約&お得な情報をGET↓

http://line.me/R/ti/p/%40guv8150l