こうせい鍼灸整体院ブログ   ~産前産後ママ・こども達のための治療院~

こうせい鍼灸整骨院の想いや日常、自宅でできるトレーニングなどを書いています

妊娠初期に多い頭痛

こんばんは。

 

堺市の産前産後ママの救世主、こうせい鍼灸整骨院の藤原です。

 

今回は妊娠初期に多い頭痛について書いていきます。

 

妊娠初期に妊婦さんが悩まされる症状として、以外に多いのが「頭痛」です。

原因としてはホルモンバランスの変化が関係していると言われていますが、

実際のところは因果関係はわかっていないのが現状です。

一部では「妊娠したこと」が直接の原因であるとは考えにくいという説もあります。

 

ですが、妊娠初期には体が様々な変化を起こします。

これは「妊娠」という大きな変化に体が反応している状態でもあります。

「頭痛」もそのうちの一つだと考えられています。

気を付けて頂きたいのは、妊娠に気づかずに自己判断で薬を飲んでしまうことです。

 

妊娠初期は赤ちゃんが大きくなるために非常に大切な時期でもあります。

普段から頭痛がある人はついつい薬を飲んでしまいがちですが、その成分がお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性もあります。

 

妊娠の可能性が考えられる方は、自己判断ではなく早めに産婦人科を受診した方がいいでしょう。妊娠中に飲める薬もあります。

 

妊娠初期の頭痛 改善法や処置は?

先ほどもありましたが、妊婦さんが飲める頭痛薬もあります。

アセトアミノフェン」という成分を含んだ薬です。アセトアミノフェンは比較的効果が弱いのですが、妊婦さんが飲んでも問題ないと言われています。

 

ですが、できれば薬には頼りたくないですよね?

そこで自宅でもできる方法として、温かいタオルで首を温める、または冷やすのも効果的です。

妊娠すると「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンの分泌量が多くなります。

このプロゲステロンの働きにより脳の血管が広がりやすくなり、頭痛が起こりやすくなるとも考えられています。

そこで脳内の血管を引き締めるために首を冷やしたり、または温めてみたりするといいでしょう。こればかりはどちらがいいかやってみないとわからないことではあるのですが、私の経験則からいうと

「普段から手先、足先が冷たい方」は温めた方がいいです。

あくまで私の経験則なので参考までに。

 

 

以上、色々と記してきましたが妊娠の可能性が考えられる方は早めに産婦人科を受診した方がいいでしょう。

その際に妊娠の可能性をしっかりと伝えておくことが大切です。

 

お腹の赤ちゃんと、大切なママの身体のために早め早めに備えることが何より大切です。

 

http://sp.raqmo.com/kousei-shinkyuu/

 

f:id:kouseistaffblog:20170325220724j:plain