訪問整体ファミーユサンテのブログ  ~産前産後ママ・こども達のための治療院~

ファミーユサンテの想いや日常、自宅でできるトレーニングなどを書いています

赤ちゃんとママに要注意!妊娠中毒症とは

こんにちは。

 

堺市高石市和泉市岸和田市泉大津市の産前産後ママの救世主、訪問整体 ファミーユサンテの藤原です。

 

今回は妊娠中毒症妊娠高血圧症候群)について書いていきます。

 

妊娠中毒症とは?

妊娠中毒症は現在では妊娠高血圧症候群と呼ばれ、妊娠32週以降に発症することが多いです。

妊娠すると様々な異常が起こることが多いのですが、最高血圧140以上、最低血圧90以上が高血圧の基準とされます。その中でも、最低血圧が上昇するのが妊娠高血圧症候群の特徴です。

以前は妊婦さんの蛋白尿やむくみもまとめて「妊娠中毒症」と呼ばれていましたが、現在では高血圧の症状だけ区別して、「妊娠高血圧症候群」と呼ばれています。

 

妊娠高血圧症候群の症状と危険性

妊娠32週以降で発症するのが多いこの病気ですが、最も重症化しやすく、注意が必要なのはそれ以前に発症する「早期型」です。

 

重症化した場合

脳出血、子癇(けいれん症状)、腎臓、肝臓の機能障害、ヘルプ症候群(最悪の場合)

といった症状を引き起こします。

さらに

胎児への影響

として胎児発育不全、低出生体重児、常位胎盤早期剥離、子宮内胎児死亡

の可能性もあります。

 

上記の症状が出てしまうとお母さんも赤ちゃんも危険な状態になので、できるだけ早く赤ちゃんを外に出すために帝王切開が行われることもあります。

 

妊娠高血圧症候群の原因

実は詳しい原因はよくわかっていないのです。しかしこの症状を引き起こしやすい人は以下に該当する方が挙げられます。

・初産の方

BMIが高い方

・多胎妊娠

・糖尿病などの持病を持っている方

・以前、妊娠高血圧症候群にかかった方

・急激に体重が増加した方

 

その他に塩分の取りすぎも原因の一つと考えられています。

一般的には体重の増加も10キロ以内が望ましいとされています。

食事としては高カロリー、低塩分な食事がいいですね。納豆や豆腐などの大豆製品、肉や魚、卵などのタンパク質もしっかり摂取した方がいいですね。

 

治療法

明確な原因がわかってないので、しっかりとした治療法もないのが現状です。

ですが軽度であれば、ちゃんとお医者さんにかかって処置すれば基本的には予後は良好です。

対策としては、

・しっかりと体重をコントロールして増加を10キロ以内に抑えること

・高塩分は控えること

・適度な運動をすること(過度は禁止)

があげられます。

 

しっかりと自分自身でコントロールすれば、重症化することは少ないので、

大切な赤ちゃんを守るためにママ自身の身体を気遣ってあげましょうね。

 

当院のホームページはこちら↓↓

http://kousei.コム/

 

忙しいママ達のためのLINE@友達登録で24時間予約はこちら↓↓

f:id:kouseistaffblog:20170522114915p:plain

f:id:kouseistaffblog:20170522114804p:plain

f:id:kouseistaffblog:20170324182639j:plain